相続には順位がある

相続は誰にでもお願いする事ができるわけではなく、法的に定められた順番があります。亡くなった人に、配偶者と子供がいる場合は、かならず、配偶者と子供が相続人となり、必ず配偶者は相続人になれるように、民法で定められています。

配偶者が半分、こどもがいる場合は、その残りの半分を子どもたちで均等に分けるのが一般的です。日本の場合、長男がすべてを受け継ぐような風潮がありますが、これはすでに昔の事で、法律的には、嫁いだ娘にも相続権は兄や弟と同様に発生します。

子どもの相続権がなくなる事はありあませんが、子ども自身が相続を拒否した場合は、初めからいなかったものとしてみるため、例えば、3人兄弟のうち、長男以外の2人が相続放棄となった場合は、子どもたちで分けるはずだった残りの半分をすべて一人で相続する事もあります。

相続の順位が変わる事があるのかという疑問がおこります。順位が変動する事はありませんが、遺言によって、分配される金額を変更する事ができます。

例えば、妻に半分行くところを3分の1にして、こどもに3分の2の遺産を相続させるなどは可能となります。これも、遺言書がしっかり作成されていないと効力が発揮しないので、死後トラブルを起こさないためにも、遺言書の作成は専門家に相談しながら行う事が必要です。

Writen by admin