相続手続きの仕方

身内に不幸があった場合に生じる可能性があるのが、遺産相続によるトラブルです。資産が多ければ多いほど、トラブルの元になりますが、実際に、相続を行ううえで、トラブルになり、タイムリミットになってしまいさらに問題が深くなるという事もあります。遺産相続には期限ついているものもあるので注意しましょう。

期限の設定があり、それまでに話合いがつかないとその資産が無くなってしまうという事はまずありません。特に、気を付けたいのが資産だけでなく、借金も一緒に残ってしまった場合はその手続き期限に注意が必要となります。

借金がある場合は、3ケ月以内に相続の仕方をきめないといけません。あきらかに、借金が多い場合は相続放棄、残った資産と借金の割合を見てきめる限定承認など、いずれかを決める必要がありますが、いずれも家庭裁判所に申し立てをして手続きを行う必要があるので、いずれの判断を下す場合も、手続きにかかる時間などを考慮して、早めに決断をしなければいけません。

残されたものの中に借金があった場合は、3か月がタイムリミットと理解しておきましょう。そんなに悩む時間はありませんが、自分で判断をしかねる場合は、しっかりと専門家に相談する事が大切です。